• companyplofile
  • grobalnetwork
  • milestone
  • 本社

会社案内

● SPS装置のパイオニア

SPS法( Spark Plasma Sintering = 放電プラズマ焼結技術)は、ON-OFF直流パルス電流を通電して焼結する方法で、 先進的な新材料合成分野で注目を集めています。SPS法なら、従来の焼結方法では成形できない難焼結材料の焼結も可能になります。 私たちは、このSPS技術のパイオニア企業です。30年に及びSPS技術の蓄積をベースに、更なる高度化を推進しています。

● 世界シェアNO.1としての実績と信頼

ハードウェアのみならず、粉体技術・焼結技術のソフトウェアまでを一貫提供します。また、研究開発などアカデミックな分野との ネットワークのもと、世界最先端のSPS技術の高度化を推進しています。富士電波工機㈱として60年以上にわたり培ってきた 「誘電」「誘導」の技術を用いて「放電プラズマ焼結」の次世代を担う、唯一のSPSメーカーです。

会社概要

社名 富士電波工機株式会社
創業 昭和23年9月
設立 昭和29年11月
代表者 代表取締役社長 山西 章
資本金 9,800万円
従業員数 80名
所在地
〒350-2201
埼玉県鶴ヶ島市富士見6-2-22
TEL : 049-286-3217
東武東上線 若葉駅より循環バス 富士電波工機㈱前にて下車
※ 平成30年4月27日をもちまして川崎営業所を本社営業部に統合することと致しました。