放電プラズマ焼結法

   
放電プラズマ焼結法(SPS法:Spark Plasma Sintering)は、取扱い操作の容易さ、ランニングコストの低廉さ、 焼結技術の熟練不要、材料を選ばない多様性、ハイスピード焼結等々の特性をもち、金属、セラミックス、ポリマー、コンポジット材料をはじめ傾斜機能材料、 ナノフェーズ材料、熱電半導体材料など広範囲の材料を対象として先進新材料の合成・加工を可能とする焼結法です。
無加圧焼結やHIP法のような変形がなく、従来の一般焼結法では成形できなかった材料の焼結も可能です。 ホットプレス法(HIP)に比べ消費電力もおよそ1/3~1/5という省エネ型。マテリアルイノベーションからプロセシングイノベーションまでを実現する 一貫融合加工技術として注目を集めています。

SPS法とホットプレス法の特性比較

  SPS法 ホットプレス法
温度傾斜焼結 ×
粒界制御焼結 ×
微細組織構造制御 ×
昇温速度 速い 遅い
焼結時間 昇温 短い 長い
保持 短い 長い
均一焼結
拡張性
生産性
設備投資
ランニングコスト

代表的な粉末焼結プロセスの分類

特性比較表